失敗

LINEテクニック

キャバ嬢が実践しているLINEテクニック

今の時代、好きな人とのコミニュケーション方法はほとんどがLINE。

LINEをしていて気があうなとか好きかもと思わせるテクニックなどを紹介します。

返信を遅らせるは時代遅れ

LINEをしていて返信を遅らせるといった焦らしLINEですが、もう今時みんなそれがテクニックだという事は分かってしまっている。

焦らしLINEは逆にテクニックバレしてしまっていて意味がないそう。

だからLINEはテンポよく返しましょう。

あまり焦らしても相手の高まりを抑えてしまい、続かなくなってしまう可能性も高いので注意です。

既読無視?

LINEを一度既読してしばらく放置。

これは結構気になってしまう。

既読無視されたのかな?

と一瞬心配になり返信が来ないかドキドキ。

そのドキドキを恋のドキドキと勘違いする傾向があるらしく結構使えます。

そんな中、ごめんね〇〇してて返信遅れたとかそんな理由も何もなしに突然

何事もなかったかのように返信します。

すると一気にきになる存在に。

長文は送らない

好きな人相手だと伝えたいことが多くなってしまいつい、長文になってしまいがち。

しかし、男性は長ったらしい文章を見ると一気に読む気が失せます。

なので長くなってしまうときは、文章を3つくらいに分けて送信しましょう。

そっちの方がまだ読みやすいし、返信もは1つ1つに分けて返せばいいので相手も楽になるでしょう。

The following two tabs change content below.
nana

nana

北海道出身。18歳で親の反対を押し切って上京。さらに起業した傍ら夜の世界に足を踏み入れる。入店後3ヶ月で二束のわらじながらもNO.1に登り詰める。以降人気嬢として指名NO.1!として現在に至るも夜な夜な繰り返される人の闇をブログで面白おかしく書き溜める。
ABOUT ME
nana
nana
北海道出身。18歳で親の反対を押し切って上京。さらに起業した傍ら夜の世界に足を踏み入れる。入店後3ヶ月で二束のわらじながらもNO.1に登り詰める。以降人気嬢として指名NO.1!として現在に至るも夜な夜な繰り返される人の闇をブログで面白おかしく書き溜める。
RELATED POST