失敗

SNSで周りが見えていない痛いカップル

恋人との思い出をSNSでフォロワーに自慢したい

彼との仲の良さをみんなにアピールしたい

と思うのは当然。

しかし、憧れるなぁ素敵なカップルで羨ましいなぁ

と思う人もいれば、内容によっては気持ち悪いカップルだな

少し見てて痛いな、恥ずかしくないのかな

と思われる投稿も中にはあるかもしれません

二人の世界に入り込んでしまい周りが見えなくなってしまっている危険カップルに忠告です

恋人ができた途端に投稿が恋人一色

仲がいいのは良いことです。

自慢したいのもわかります

しかし、恋人ができた途端に投稿が恋人一色になってしまう人っていますよね

今まで仲良くしていた友人も、それを見たら流石に休日は恋人と過ごすのかなと勝手に思い込んでしまい

遊びの誘いがだんだんと無くなってしまう可能性があります

恋人も大事ですが、恋人だけとなってしまい友人が離れていくのは寂しいですよね

晒しすぎる

恋人とデートに出かけたりお家でのんびりデートをしている際に撮影された写真を投稿したい気持ちはよく分かりますが

イチャイチャしすぎな写真を載せるカップルが増えているそうです

キスをしている写真をのせたり、お風呂に入っている写真まで

こっちが見ていて恥ずかしくなるような過激な写真を載せるのは後々のことを考えて控えましょう

匂わせすぎてもう普通に載せて

毎回毎回、恋人がいるのかいないのか分からない

これは男か?女か?

みたいな匂わせ投稿が多すぎて周りのフォロワーも流石に気づいている

そんな匂わせるならはっきり載せろと心の中で思われていること間違いなし

The following two tabs change content below.
nana

nana

北海道出身。18歳で親の反対を押し切って上京。さらに起業した傍ら夜の世界に足を踏み入れる。入店後3ヶ月で二束のわらじながらもNO.1に登り詰める。以降人気嬢として指名NO.1!として現在に至るも夜な夜な繰り返される人の闇をブログで面白おかしく書き溜める。
ABOUT ME
nana
nana
北海道出身。18歳で親の反対を押し切って上京。さらに起業した傍ら夜の世界に足を踏み入れる。入店後3ヶ月で二束のわらじながらもNO.1に登り詰める。以降人気嬢として指名NO.1!として現在に至るも夜な夜な繰り返される人の闇をブログで面白おかしく書き溜める。
RELATED POST