お客さんを好きになったらダメですか-1

キャバ嬢とお客さんが付き合うなんて一種のマクラ営業。

友達のキャバ嬢の子も何人かお客さんと付き合ってる子居るけど、彼氏はひとりじゃない。

いいカモになってるお金持ちのお客さんだったりよく来てくれる人を彼氏にしていい感じにお金を落としてもらう。

自分のプライベートは明かさないし家に呼んだりももちろんしない。

付き合ってて何が楽しいのかな。

と思うけど、おじさんたちは嬉しいんだろうね。

なんだか可哀想だなー

キャバ嬢とお客さんの連絡なんてそういうものだと思ってました。

私は昼職もしてるから夜の仕事なんてただのお小遣い稼ぎとしか思ってなくて、お客さんからの連絡も誘いも全部適当。

できたら同伴もしたくないしお店でしか会いたくない。

休日は一切連絡も返さないスタンス。

けどある日、キャッチに捕まってお店に入ってきた普通のサラリーマンに出会う。

その人は見た目がお世辞にもカッコいいとは言えないし年も20も離れてるおじさん。

正直、恋愛対象ではありません。

話も面白いわけじゃないし、お金も全然使わない。

キャバクラ のお客さんとして見たら本当につまらない男の人。

次は無いかな〜ってレベル。

けど、他の人と違ったところはしつこく連絡もしてこないしプライベートで誘ってくることも無い。

けど、お店には月に1回きてくれるかきてくれないかくらいのペースで一応来てくれる。

ドリンクやフードを出してくれるわけでも無いけど

だんだん話してるうちに距離の詰め方が心地いいし、友達のような感覚から心開いてしまった。

 

もっとこの人のことを知りたい

 

と、私は気づいたら考えてたりして。

キャバクラ に勤めてこんな気持ちになったのは初めてかもしれません。

次はいつ会えるのかな?

連絡は私からしたら営業と思われるかな?

とか考えてしまうようになっちゃった。

続きはまた

The following two tabs change content below.
nana

nana

北海道出身。18歳で親の反対を押し切って上京。さらに起業した傍ら夜の世界に足を踏み入れる。入店後3ヶ月で二束のわらじながらもNO.1に登り詰める。以降人気嬢として指名NO.1!として現在に至るも夜な夜な繰り返される人の闇をブログで面白おかしく書き溜める。