私がキャバクラ で働く前は、キャバ嬢やホステスはお金をたくさん稼いでリッチな生活をしているのではないかと思っていました

しかし、高時給なキャバクラのお仕事でも働いてみたらわかるキャバクラの闇があるのです

時給が4000円以上と言われ、こんなに稼げるの!?と期待していてもふたを開けてみれば全然そんなことはないのです

今から少しだけその実態をお教えしたいと思います

美容院でのヘアメイク代が毎日かかる

お店によって異なりますが、美容院でのヘアメイク代が毎日安いところでも1500円以上かかります

その料金は自給から引かれるので毎日ヘアメイク代の1500が引かれることになります

ドレス、履物は全て自前

キャバ嬢が着ているお店のドレスや履物は全て自前で用意します

大体1着1万円くらいとお高いです

それをさすがに毎日同じドレスというわけにはいかないので何着かは持っている必要があるのでシーズンごとに1着買ったとしてもすごい出費ですよね

サービス残業後の交通費

アフターに行くとなれば基本的に営業後なので当然終電も終わっています

中途半端な時間に返され、お客さんがタクシー代をくれれば良いのですがくれない方も稀にいます

そういう時はもちろん自腹でタクシー代を出す事になるのでその日の稼いだ金額からタクシー代が無くなります

共益費

それから共益費と言う名の訳の分からない引かれものがあり、大体どこのお店も2000円くらい毎日取られます

意味が全く分かりませんが、、

そのほかにも税金が引かれたり当日に熱を出して当欠をした場合には自給×出勤する予定だった時間分の金額が罰金として引かれるので体調も崩せません

ですのでどんなに時給が高くて喜んでいてもその分引かれものが多いと結局もらえる額は大したことないんですよね

しかも、衣装代や交通費などで出て行く出費を考えたらナンバー上位に入りそこそこ売上のあるキャバ嬢でない限りみんな結構その日暮らしをしているキャバ嬢が多いです

その中から家賃だったり生活費を払いながら身だしなみを気遣ってネイルやマツエクにもたまには行くし、、

客が色々買ってくれるんだろうとか言われたりもしますが、殆どありません

何処かに行ってお土産を買ってくるくらい(別にいらない笑)

皆様が想像しているような高級バッグや時計をもらったりなどと言うことはありません

働き方や、選ぶお店によってはいい生活もできるし普通のアルバイトよりは稼げるかもしれませんがメンタルやられる仕事だし嫌なこともたくさんされるし割りにあった仕事とは言えません

The following two tabs change content below.
nana

nana

北海道出身。18歳で親の反対を押し切って上京。さらに起業した傍ら夜の世界に足を踏み入れる。入店後3ヶ月で二束のわらじながらもNO.1に登り詰める。以降人気嬢として指名NO.1!として現在に至るも夜な夜な繰り返される人の闇をブログで面白おかしく書き溜める。