好きすぎてメンヘラLINE

店にもこないし急にLINEがこなくなったなーと思ったらある日の夜中にラインがなってこんな時間に珍しい!!

と思って開いたら恐怖

ホラーよりも恐怖

50近くのおっさんからワンスクロールじゃ収まらきらないほどの長文のラインが届いた

内容は好きとか愛してるとかいうのから始まって最終的には相手にしてくれないならさようなら

って笑

はい、さようなら笑

勝手にして?そのかわりもうこう言う気持ち悪いラインしてこないでね^ ^

俺〇〇みたいな顔が好きー

ある客ががっつり整形顔の有名キャバ嬢の名前を出して俺、〇〇みたいな顔が好きーと言ってきた

あ、何?整形しろって言ってる?

余計なお世話だわ

お前も整形して出直せよ

今から〇〇で飲もうよ

やっと長い長い営業が終わってさぁ帰って何食べようかなーってとっても気分がいいのにケータイ開いたら

〇〇ちゃん、今日もお疲れ様!

今近くの〇〇って店にいるんだけど終わったら一緒に飲もうよ

テメー近くにいるなら店に来いよ

むしろなんで私が行かないといけないの?

しかも営業終わりに誘ってくるとか私はお前の友達か!!

こう言う時は朝まで返さずに帰りは送りが出るから即帰って疲れて寝ちゃった、、また誘ってね^ ^

って返すよ笑

あーきもいきもい

俺キャバ嬢としか付き合ってないな

聞いてもないのに色々自慢してくる客がいて、俺最近はキャバ嬢としか付き合ってないな〜ってドヤ顔で言ってきたやついたんだけど

キャバ嬢からすれば良いカモって事だよ

彼氏なんて思ってないし営業の一環として捉えてるに決まってるの気づかないのかな?

こうやって世の中成り立ってるんだな〜

これからも宜しくおねがいしまーす^ ^

The following two tabs change content below.
nana

nana

北海道出身。18歳で親の反対を押し切って上京。さらに起業した傍ら夜の世界に足を踏み入れる。入店後3ヶ月で二束のわらじながらもNO.1に登り詰める。以降人気嬢として指名NO.1!として現在に至るも夜な夜な繰り返される人の闇をブログで面白おかしく書き溜める。