彼女は常にいません

何となく付き合った元彼。

付き合った期間は短いわけでもなかったけどその彼はSNSはもちろん。周りの友人にさえ彼女の存在を明かさない。

その理由は、彼女と言う存在が居ると遊びに支障が出るから。

と言うわけで私はずっと存在を隠されてました。

彼女がいる。

というと何かと不都合になります。

男女の飲みの場でも彼女がいる。と言うだけで女の子からの注目が少なくともフリーよりは減るでしょう。

もし、気に入った女の子がいたとしたらそれはそれは悲しいでしょう。

彼女がいないと言っていた彼はいつでもウェルカム状態だったと言うわけです。

SNSや友達をなかなか紹介してくれない。と思ったら怪しいかもしれない。

早めに気づいて、ちゃんと自分を幸せにしてくれる男性を探しましょう。

嘘つき男

よく、心配させたくなかったからとか悲しませたくなかったと言って自分のついた嘘を正当化しようとしてくる男いますよね。

飲みの席に女の子がいるいない。

キャバクラやクラブに行った行かない。

そんな事はどうでも良いんですよ。

お互いが信頼し合っていれば女の子が居ようとキャバクラやクラブに行こうが何でも良いんです。

1番問題なのは行ったのに行ってないという事。

女の子がいたのにいないということ。

くだらないなぁと思うけどどんな小さな嘘でも嘘をついたことには変わりない。

それがどんどん積み重なって信用を無くすのです。

お互いに不信感を覚えてしまったらもう終わりです。

信用を取り戻すのは難しいこと。

なんでも話せる信頼できる人に出会えるといいですね。

まとめ

浮気癖はなかなかなおりません。

最低な男とは早めにお別れしましょう。

情が生まれるのは仕方ないこと。

早かれ遅かれ必ずそんな奴とは長くは続きません。

早く別れて幸せになれる道を探しましょう。

The following two tabs change content below.
nana

nana

北海道出身。18歳で親の反対を押し切って上京。さらに起業した傍ら夜の世界に足を踏み入れる。入店後3ヶ月で二束のわらじながらもNO.1に登り詰める。以降人気嬢として指名NO.1!として現在に至るも夜な夜な繰り返される人の闇をブログで面白おかしく書き溜める。