じゃあなんて答えるのが正解?

「絶対モテるでしょ?」

『全然ですよ〜』

「またまた嘘ばっかり」

『なかなか良い出会いがなくて』

「絶対うそじゃーん」

この流れ何回やるの!

めんどくさ!!

帰らせて!!

そろそろ上がりの時間。

ギリギリで呼ばれて最後にお客さんにつく。

ボディタッチめちゃくちゃ多いし

愛人契約勧めてくるし

キモいわー

と思ってると『nanaさんお願いします』

いぇーい呼ばれた!あがりーーー!!

するとお客さん。

「まだ居ていいよ」

いやいやいやいやいやいや!

居たくないです!!

帰りたいです!

帰らせてください!

楽しいお客さんならいいけど上がる直前にこの変態オヤジはきついって〜。

まぁ昼職理由に帰るよな。

あーたち悪い。

答えわかってて聞くな

「彼氏いるのー?」

『居ないですよ』

「まぁそう言うよね」

『居たらこんな所で仕事してませんよ〜』

「そういうマニュアルあるんでしょ」

いや、だから面倒くさ!!

分かってるなら聞くなよ!

まぁ普通に考えて彼氏いますなんていうキャバ嬢滅多に居ないでしょうね。

面倒くさいくだりしないで。

The following two tabs change content below.
nana

nana

北海道出身。18歳で親の反対を押し切って上京。さらに起業した傍ら夜の世界に足を踏み入れる。入店後3ヶ月で二束のわらじながらもNO.1に登り詰める。以降人気嬢として指名NO.1!として現在に至るも夜な夜な繰り返される人の闇をブログで面白おかしく書き溜める。