恋愛日記

お客さんを好きになったらダメですか-7

彼と先日、久しぶりに休みを合わせてデートをしてきました

ある場所で待ち合わせて特にどこに行くとは決めずにランチへ

待ち合わせ場所に5分ほど遅れて彼が到着。

外がすごく寒かったので私たちはとりあえずお店に入ろう!

という事で早速お店探し

彼は前もって高いお店を予約して、、

なんて事もないし一緒にいてとても楽。

お客さんと出かけたりするとすっごい良く見せようとしてきて高級なお店に連れて行かれたり

やりすぎってほどエスコートしてきたり

とにかく一緒にいて疲れてしまう。

普通が一番なのですよ。

そんな彼と私はごく普通の庶民的なお店でランチをした

普段しないデートだからどんな店でも楽しいし、幸せ

変なパーティーに連れて行かれたり

見栄張って普段しないような事させられたり

お腹が満たされないような食事をさせられたり

そんな事しなくても

家でゲームをしたり

テレビを一緒に見たり

夜中にコンビニでデザートかってDVDを観たり

そんな何気ない過ごし方がいちばん幸せなんだよ。

気に入ってもらいたいからとか

女の子のためにお金使って頑張るのももちろんそういう愛し方もあると思うけど、、

普通がいちばん素敵

そんな彼と特別な日にたまにはお洒落なレストランで食事をしたり

高級なものをプレゼントされたり

たまにだから最高に嬉しいよね。

いつもいつもそんな事して貰ってたら疲れちゃう。

それこそお客さんとしてみてしまうかも。

私が彼に惹かれたのはそこなんだよね

普通っぽくて良かった

The following two tabs change content below.
nana

nana

北海道出身。18歳で親の反対を押し切って上京。さらに起業した傍ら夜の世界に足を踏み入れる。入店後3ヶ月で二束のわらじながらもNO.1に登り詰める。以降人気嬢として指名NO.1!として現在に至るも夜な夜な繰り返される人の闇をブログで面白おかしく書き溜める。
ABOUT ME
nana
nana
北海道出身。18歳で親の反対を押し切って上京。さらに起業した傍ら夜の世界に足を踏み入れる。入店後3ヶ月で二束のわらじながらもNO.1に登り詰める。以降人気嬢として指名NO.1!として現在に至るも夜な夜な繰り返される人の闇をブログで面白おかしく書き溜める。